「ほっ」と。キャンペーン
2006年 12月 23日

帰国後

帰国後すぐシエナでもらった書類の翻訳をお願いしました。
前に頼んだ方にまたお願いしました。
そして婚姻届を出す際その翻訳された書類も一緒に提出します。

そうすることでイタリアの方式での婚姻が成立したことになります。
そして日にちもイタリアでの挙式の日が書かれます。

ここまでですべてが完了です。長い道のりでしたが、頑張って本当によかった。

自分で手配する挙式は大変ですが、やってみるとできるものです。
イタリア好きの方にはおすすめです。

イタリアリーガル婚いかがでしょうか。
[PR]

by giosuekun | 2006-12-23 15:34 | リーガル挙式について


<< 2006.11.8 Siena      当日 >>