ながぐつ日記

giosuekun.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:リーガル挙式について( 5 )


2006年 12月 23日

帰国後

帰国後すぐシエナでもらった書類の翻訳をお願いしました。
前に頼んだ方にまたお願いしました。
そして婚姻届を出す際その翻訳された書類も一緒に提出します。

そうすることでイタリアの方式での婚姻が成立したことになります。
そして日にちもイタリアでの挙式の日が書かれます。

ここまでですべてが完了です。長い道のりでしたが、頑張って本当によかった。

自分で手配する挙式は大変ですが、やってみるとできるものです。
イタリア好きの方にはおすすめです。

イタリアリーガル婚いかがでしょうか。
[PR]

by giosuekun | 2006-12-23 15:34 | リーガル挙式について
2006年 12月 23日

当日

当日に関しては特に書くことはありません。

流されるまま、時は過ぎていきました。

メイクをしてもらい、歩いて美容院に行き髪をセットしてもらう。
その後、着替え(式の10分前でした・・・)

みんなと合流し、プッブリコ宮に入る。
すでに美容院の時点からカメラマンさんがついています。

11時から式が開始で20分ほどで終了。

その後フォトツアー。
屋上に行ったり、カンポ広場で撮ってもらったり。

12時くらいからウェデングランチ開始。
そんな感じですべて滞りなく終了。
シエナを後にしました。
[PR]

by giosuekun | 2006-12-23 15:31 | リーガル挙式について
2006年 12月 23日

式前日

前日は立会人さんも一緒に役所に行って手続きです。でもすぐ終わります。
書類提出をする。書類の確認。そんなところでしょうか。

特に難しいこともなく(心強い通訳がいるので)すぐ終わりました。

挙式までにすることといえばこれくらいです。

あとは ウエディングランチの準備などをしなければなりませんでしたが。
頑張ってコンフェッティを包装したり席札を書いたりしました。
[PR]

by giosuekun | 2006-12-23 15:12 | リーガル挙式について
2006年 12月 23日

コーディネーターさん

イタリア語に堪能であれば頼むことはないのかもしれませんが、私のように話せない人には通訳や手配をしてくれる人が必要です。

私はネットでシエナ在住のコーディネーターさんが見つかりました。
この結婚式において彼女の存在がなければ成功していませんでした。

彼女に頼んだことは、
(1)挙式時の通訳
(2)ホテル予約(これは自分でもできましたがいいところに泊まりたかったのでお願いしました)
(3)ヘアメイクの手配
(4)カメラマンの手配
(5)フォトツアー・ウェディングランチの手配
(6)ブーケ・ブートニアの手配
(7)挙式全体のとりしきり
です。
結局、通訳・立会人・メイクは彼女本人がしてくれました。
ヘアーのセットはカンポ広場近くの美容院に頼んでくれました。
他にもすべて手配してくれて大成功となったのでした。
よかったよかった。。
[PR]

by giosuekun | 2006-12-23 15:02 | リーガル挙式について
2006年 12月 23日

式申し込み・必要書類について

リーガル挙式をするにあったて、あまり参考になるものが少なくて大変でした。
フィレンツェで式を挙げた人はいるのですが、シエナはなし。
一応フィレンツェのヴェッキオ宮で挙げた人のホームページを見て勉強しました。

ですがやはり実際は違いました。
フィレンツェより必要書類も少なく楽だと思います。
おすすめかも♪

まず初めにしたことは、役所への申し込み。
メールでしました。下手なイタリア語でもちゃんと完了したので深く考えなくても大丈夫。

そして必要書類を集めました。
シエナ市役所として必要な書類は基本的にはNullaosta(婚姻用件具備証明書)だけです。
これは結婚していないという証明書のようなもので法務局で発行してもらえます。法務局によって、必要な書類が異なるようなので、事前に電話確認が必要。当日受け取りは無理かも。

そしてその書類にはアポスティールが必要となります。アポスティールで「日本の公式な書類である」と認証してくれるのです。これは外務省で手続きができました。

その後翻訳しなければなりません。
私は翻訳家の方にお願いしました。ちなみに翻訳家の方はイタリア大使館のホームページを見て探しお願いしました。

ですがイタリア在住のコーディネーターをしていただいた方によるともう一つ方法がありそうなのでこちらも書いておきます。

日本でイタリア語に訳する書類にはアポスティーユが必要ですが、イタリアの日本領事館において日本の書類からイタリア語のNullaostaを作成してもらい、その書類を正式な書類として認めてもらうためにPrefetturaに持って行けば(もちろんシエナでも可能)Marca da bollo (収入印紙)の約14ユーロだけで済むとのこと。

最初にフィレンツェの方がしていた方法で考えていた私はこの方法ではしなかったのですが、よく考えればこっちのほうが安く済むしいいかもしれません。

そしてフィレンツェの方がしていた宣誓供述は必要ないとのことでした。

書類を集めるのにばたばたと動き回らなければなりませんでしたが、後から考えたらそれほど難しいことはありませんでした。
[PR]

by giosuekun | 2006-12-23 14:32 | リーガル挙式について